聖徳太子とは、やったこと、エピソードを解説

参考画像 聖徳太子の参考画像
時代 574〜622年(飛鳥時代)
聖徳太子の解説 飛鳥時代の皇族であり政治家です。
父が「用明天皇」、母が「穴穂部間人皇后」の皇子として生誕しました。
かつては紙幣の肖像画でも使用されていたほどの有名人です。

母が宮中の馬小屋の前に来たときに生まれたと伝えられ,
廐戸皇子(うまやどのおうじ)と呼ばれていたといいます。

おばにあたる推古天皇の摂政として政治を整備し、「冠位十二階」
「憲法十七条」を作成した人物でもあります。
他にも現在の法隆寺のもととなる寺を建立した、など言われています。

後は仏教を保護したということから、平安時代には聖徳太子の像が作られました。

また、聖徳太子の有名な話に
「10人の発言を一語一句漏らさずに聞き入れて理解し、確かな答えを返した」
というものがあり、この聡明さから、「豊聡耳」と呼ばれるようになったとされています。

他のエピソードとして、生まれてすぐに言葉を発し、幼少の頃にすでに国内外の
学問を修め高僧の域に達した天才児だったとも言われています。

607年には小野妹子を中国の隋におくります。
また、聖徳太子の手によって仏教が日本へと徐々にと広められていくことになった
とも言われています。

参考画像の絵は聖徳太子として有名なものですが、最近では、この絵が実は、本人の顔ではない
という説がでています。
歴史年表トップ