大化の改新とは、行われた時代と目的

参考画像 大化の改新の参考画像
読み方 たいかのかいしん
行われた時代 飛鳥時代
大化の改新の解説 日本初のクーデターとも言われる有名な出来事で、
大化の改新とは、645年に始められた政治改革のことを言います。
(教科書によっては「646年」に置き換わっている)

中大兄皇子、藤原鎌足らが蘇我氏を打倒して始めたものと言われています。

蘇我氏は聖徳太子の死後、聖徳太子の子の山背大兄王とその一族をほろぼすなど、
天皇家をしのぐほどの力をもつようになった豪族です。
やりたい放題の蘇我氏を滅ぼすために中大兄皇子は中臣鎌足と手を組み
蘇我氏討伐を行います。
大化の改新が始められたのは中大兄皇子らが蘇我氏を倒してからになります。

内容は唐の「律令制」を手本として、公地公民制による
中央集権国家建設を目的としたものです。
中大兄皇子は孝徳天皇を即位させ,自らは皇太子として実権を握ることになります。

また、大化の改新では「改新の詔」という詔が発せられ、「改新の詔」は
四か条となっており、その内容は

1.従前の天皇等が立てた子代の民と各地の屯倉、そして臣・連・伴造・国造・村首の所有する部曲の民と各地の田荘を廃止する。

2.初めて京師を定め、畿内・国司・郡司・関塞・斥候・防人・駅馬・伝馬の制度を設置し、駅鈴・契を作成し、国郡の境界を設定することとする。

3.初めて戸籍・計帳・班田収授法を策定することとする。

4.旧来の税制・労役を廃止して、新たな租税制度(田の調)を策定することとする。

となっています。

大化の改新によって天皇の宮を飛鳥から難波宮に移し、蘇我氏など
飛鳥の豪族を中心とした政治から天皇中心の政治へと移り変わったとされています。

大化の改新は日本で起こった出来事のなかでもかなり有名な部類で、2005年には
V6の「岡田准一」主演でドラマ化もされています。
歴史年表トップ