飛鳥浄御原令とは、施行の内容

読み方 あすかきよみはらりょう
飛鳥浄御原令の解説 正式名称は「飛鳥浄御原朝廷律令」と言い、日本古代国家の法典です。
天武天皇が681年に編集を命じ、持統天皇が施行した法令となっています。
日本書紀には「飛鳥浄御原律令」と記されています。
「飛鳥浄御原宮(あすかきよみがはらのみや)」の宮にて完成させたため
この名前がついたとされています。
「689年」に施行され、それは大宝律令の基礎になったとされており、
その12年後の701年には大宝律令が完成し、日本は律令国家となりました。

なぜ689年に施行されたかというと、
天武天皇が急遽亡くなり、時期天皇である草壁皇子も689年に
亡くなったため、動揺を抑えるために近江令を急遽手直したものを
施行したという説があります。

日本史上では、初めての体系的な律令法と考えられているのですが、
現存していないために、詳細は不明な部分が多くなっています。

また、この段階では「律」がまだ完成されていなかったため、
重大な罪には唐律を参考にしていたそうです。
歴史年表トップ